TOP > ホワイトニング

ホワイトニングで、
笑顔や会話に自信を。

ホワイトニングとは、歯磨きでは落とせないような歯の黄ばみを改善し、本来の白さを取り戻す治療です。歯を削ったり溶かしたりするのではなく、専用の薬剤を使って色素を分解します。
白く輝く歯は笑顔をより魅力的に見せ、相手にも好印象を与えてくれるため、ビジネスマンのエチケットとして受ける方も増えています。
ホワイトニングにはいくつかの種類があり、ご希望の歯の白さやライフスタイルに合わせて治療法を選ぶことができます。

こんな方におすすめ

  • 歯の黄ばみが気になっている方
  • 笑顔に自信を持ちたい方
  • 結婚式や面接試験などを控えている方
  • 仕事柄、人と話すことが多い方
  • タバコやコーヒー・カレーなどの色の濃い食べ物が好きな方

OUR WHITENING

当院のホワイトニング

ポリリン酸ホワイトニング

しみにくい、色戻りがしにくい
「ポリリン酸ホワイトニング」

生物がもともと持っている「分割ポリリン酸」を使用した、安全性の高いホワイトニングです。
透明感のある自然な白さが特徴で、痛くならない、しみにくいことが特徴です。歯質を強化して歯の石灰化を促すので、むし歯予防にもつながります。お身体の負担が少なく、高い効果が期待できる先進のホワイトニングです。
当院では、オフィスホワイトニングでポリリン酸ホワイトニングの治療が可能です。初回の施術はリーズナブルになっていますので是非ご利用ください。

WHITENING PLAN

ホワイトニングプラン

ライフスタイルや、ご希望の白さや治療スピードに合わせて、ホワイトニング方法をお選びいただけます。
ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医師の指導のもと、ご自宅で好きな時間に歯を白くする方法です。
まずは歯科医院で歯型に合わせたマウスピースを製作し、ご自宅に持ち帰ってホワイトニング剤を流し込んで一定時間装着します。
じっくりと薬剤を歯に浸透させるため、徐々に自然な白さを得られ、白さが長持ちします。
何度も通院する時間が取れない方におすすめです。
オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が施術します。ホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光を照射して歯を白くします。ホームホワイトニングよりも即効性があることが特徴で、早い方はその日のうちに効果を実感できますが、白さの持続性はやや劣ります。なるべく早く歯を白くしたい方におすすめです。
オフィスホワイトニングはしみにくい、自然な透明感の出るポリリン酸ホワイトニングを使用しています。
デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて行うホワイトニングで、両方の利点を得ることができます。
歯をスピーディーに白くして、その白さを長持ちさせたい方におすすめです。

タッチアップで、いつまでも白く輝く歯をキープ

タッチアップで、いつまでも白く輝く歯をキープ
ホワイトニングで得られた白さは永久的なものではありません。個人差がありますが、ホームホワイトニングは6~12ヶ月程度、オフィスホワイトニングは3~6ヶ月程度で徐々に「後戻り」が見られます。
後戻りし始めた頃に、再びホワイトニングを受ける「タッチアップ」によって白さをキープできます。初めて受けるホワイトニングに比べて短期間で効果が出やすいため、定期的にタッチアップを行うことをおすすめします。

BEFORE STARTING

ホワイトニングの前に

ホワイトニングはお口の中が健康な状態でなければ、よい効果が得られません。
むし歯や歯周病などの疾患があれば、先にそちらの治療を行います。治療が完了し、お口の中の環境が整ったらホワイトニングをスタートします。

ホワイトニングの注意事項

  • ホワイトニングの効果には個人差があります。
  • むし歯や歯周病などの病気がある場合はホワイトニングを行えないことがあります。
  • 治療中は知覚過敏など、しみたり痛みが起こることがあります。一過性のもので、多くの場合は施術が終わればなくなります。

以下の方はホワイトニングを受けることはできません。

  • 無カタラーゼ症の方
    薬剤に含まれている過酸化水素を分解する酵素を持っていないため禁忌です。
  • エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方
    歯の発達が十分でない場合、薬剤の影響で歯の神経が痛むためです。
  • 入れ歯やさし歯など、歯が人工の方
    人工歯はホワイトニングでは白くなりません。
  • むし歯や重度歯周病の方
    症状が悪化したり、患部にしみることがあります。まずは治療に取り組み、完治後にホワイトニングを行いましょう。
  • 内因性変色などのある方
    乳幼児における病気、神経を抜いた歯、薬剤の副作用(テトラサイクリン系)、加齢による黄ばみの場合は、歯が白くならないことがあります。
  • 妊娠中、授乳中の方
    安全といっても薬剤を用いるため、妊娠中のホワイトニングはおすすめしていません。