TOP > インプラント

もう一度、自分の歯のように
しっかり噛める毎日を

インプラントとは歯を失った方のための義歯で、天然の歯のような噛み心地と見た目を再現できることが大きな特徴です。
治療方法は、歯を失った箇所の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上にセラミックなどの人工歯を装着します。
顎の骨に固定されるため、入れ歯のようにずれたり、金属のバネが目立ってしまうこともありません。まるで自分の歯のように、食事や会話を楽しむことができます。

MERIT / DEMERIT

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 天然の歯のような噛み心地
  • 天然の歯のような自然な見た目
  • 周りの歯を削ったり、負担をかけたりしない
  • ずれることがなく、しっかり噛める
  • 適切なメンテナンスで、半永久的に使用できる

インプラントのデメリット・
注意点

  • 外科手術が必要
  • 自費診療のため、比較的高額になる
  • 治療期間が平均約3ヶ月~1年と長い
  • 顎の骨の状態や持病によって
      適用できない場合がある

SIMULATION

歯科用CTの3D撮影&
術前シミュレーション

歯科用CTの3D撮影&術前シミュレーション
手術前にお口の中をCTで撮影して、埋入手術のシミュレーションを行っています。
撮影した3D画像をコンピュータで解析し、適切なインプラントの種類や埋入位置・角度・深さを割り出します。そのデータに基づき「サージカルガイド」を作成することで、本番では、シミュレーション通りの手術、埋入が可能となり、切開の範囲や傷口も小さく済みます。
また、CT撮影を治療前後に行うことで、顎の骨の変化を比較することができます。
骨の量に問題がある場合

骨の量に問題がある場合

インプラントを支える顎の骨の量が少なかったり、薄すぎたりして、治療を諦めている方もいらっしゃるでしょう。
当院では、顎の骨量を増やすための治療法を複数ご用意しています。他院では治療を断られてしまった方も、一度当院までご相談ください。

FLOW

インプラント治療の流れ

STEP

1

診査・診断と治療計画

診査・診断と治療計画

精密検査
レントゲン・CT撮影を行い、顎骨の量や質を調べます。また、お口の中の精密検査を行い、型取りもします。

カウンセリング
全身状態の問診を行い、外科手術が可能かどうかを確認します。

検査結果とカウンセリングの結果を基に、治療計画を立案します。インプラント治療が難しいと診断した方には、別の治療法をご提案します。

STEP

2

初期治療・口腔内環境の改善

初期治療・口腔内環境の改善

手術後の細菌感染などを防ぐために、まずはお口の中を衛生的な環境に整えます。 むし歯や歯周病などがあればすべて治療し、お口全体が健康になってから手術を行います。

STEP

3

CT撮影、3Dシミュレーション

CT撮影、3Dシミュレーション

お口の中をCTで撮影した画像を使って、事前に埋入手術のシミュレーションを行います。コンピューター解析でインプラントの的確な埋入位置、深さ、埋入角度などを割り出し、本番でも再現できるように「サージカルガイド」と呼ばれるマウスピースを製作します。

STEP

4

インプラント体の埋入手術

インプラント体の埋入手術

事前のシミュレーション通りに、埋入手術を行います。手術中は局所麻酔を使いますので、痛みはほとんどありません。
術後の腫れは2~3日後がピークとなり、4日後から徐々に引いていきますのでご安心ください。
個人差がありますが、インプラントと骨が結合するまで4~6カ月程度待ちます。

STEP

5

アバットメントの装着

アバットメントの装着

インプラントが骨と結合し、安定したら歯ぐきを切開してインプラントの上部にアバットメント(人工歯の土台)を装着します。切開も局所麻酔下で行いますので、ご安心ください。

STEP

6

歯の型取り、仮歯の装着

歯の型取り、仮歯の装着

3D口腔スキャナーを使ってお口の中の型取りを行い、人工歯を製作します。まずは仮歯でかみ合わせを調整して、しっかり噛める人工歯を製作していきます。
型取りは光学スキャンで行うため、痛みや不快感はありません。

STEP

7

人工歯の装着

人工歯の装着

切開した歯ぐきが完治したら、製作した人工歯を装着します。かみ合わせなどに問題がなければ、これで治療終了です。

STEP

8

メンテナンス

メンテナンス

インプラントを長く快適にお使いいただくためには、メンテナンスが欠かせません。
ご自宅での丁寧な歯磨きとあわせて、定期検診に必ずお越しください。
メンテナンスが不十分だと、「インプラント周囲炎」などのトラブルにより、せっかく入れたインプラントが抜けてしまうこともあります。
当院ではインプラント保障を導入しておりますが、定期検診を受けていない場合、
 インプラントの保障が使えないケースもありますのでご注意ください。

Q&A

よくある質問

Q1

インプラント手術は痛いですか?

A1

手術中は、顎全体に効く伝達麻酔を使用するため痛みはほとんどありません。術後に麻酔が切れると痛みを感じる方もいますが、痛み止めを処方しますのでご安心ください。
手術後の腫れは、個人差がありますが2~3日後がピークとなり、1週間程度で引いていきます。

Q2

インプラントは1度埋め込んだらずっと使えますか?

A2

インプラントの平均的な寿命は10~15年といわれていますが、実際には10年後も約90%以上が使用可能で、半永久的に使うことも不可能ではありません。
しかし、それには適切なメンテナンスとお口の健康が大前提です。
インプラントが使えなくなる最大の原因である「インプラント周囲炎」をはじめ、歯ぎしりや食いしばりによるダメージ、喫煙や糖尿病などの疾患による歯ぐきへの悪影響を定期検診で確認し、早めに対処していきましょう。

Q3

インプラントは保険適用になりますか?

A3

健康保険は適用されず、自由診療となります。
お支払いにはクレジットカード払いやデンタルローンもご利用可能です。
また、インプラント治療は医療費控除の対象になります。
費用やお支払いについては丁寧にご説明いたしますので、ご安心ください。